日本のカジノ合法化について知っておくべき5つのコト

先進国のひとつである日本において、カジノが合法化されるのは、海外の投資家やトレーダーにとって注目の的でしたが、失敗続きの長い道のりであるのもまた事実です。あらゆる関係者の努力があるからこそ、カジノは合法化され、海外の投資家やトレーダーにも門戸が開かれるのですが、しかしまだ、手放しで喜べる状況ではありません。というのも、日本におけるカジノ合法化には、いくつかの注意点があるためです。

  •        まだ実現するとは限らない – 通常、カジノ合法化が最終的に決定されるまでには、かなり長いプロセスが必要ですが、間違いなく法案は通過します。その後も政府は、カジノ投資家へのライセンスの認証や提供を、より慎重に行う必要があります。また、カジノを開業する際にも、慎重に計画を立てなければいけません。建設するのはコンビニやただのお店ではなく、ギャンブルやゲームの巨大産業なのですから、これほど複雑であるのも納得ですよね。

 

  •         国民のうち反対派が多い – カジノ合法化は、国民にもたらす悪影響が懸念され、国民の大多数が反対しているため、いまだにトップニュースになっています。大体の目安としては、カジノ合法化に反対している人の割合は60%と半数を超えています。カジノ経営に巨額の投資をする前に、海外のトレーダーはこうした国内の状況を理解する必要があるでしょう。
  •        莫大な利益が見込める – 日本でのカジノ開業に、海外の投資家やトレーダーは大きな期待を寄せています。なぜなら日本では、スポーツベッティングやオンラインカジノゲームが既に人気を博していることから、カジノ事業もまた潜在的なビッグビジネスとして捉えられているのです。カジノ合法化の反対派が60%いる一方で、カジノ合法化を支持する人が40%もいるという点を考えると、それだけ多くのギャンブル好きが存在するとも捉えられます。そのため、日本にてカジノ産業が受け入れられることは、海外の投資家やトレーダーが待ち望んでいたことなのです。

 

  •         制約と規制 – 日本政府がカジノ投資家やトレーダーに門戸を開くのは難しいと考えているなら、それはたしかに正しいです。現時点では、カジノを含む統合型リゾート(IR)を立ち上げる前に、取得しなければならないライセンスは非常に多くあります。しかも、そのひとつひとつのライセンス取得は、さほど簡単なことではありません。カジノ合法化の喜びに浸りながらも、制約や規制があることを想定しておく必要がありますが、将来的にカジノやIRから利益を得れば、ライセンス取得の長い手続きをした甲斐があったと思えることでしょう。

 

  •        緊急事態宣言がまだ続いている – 昨今のパンデミックの影響を受けて、外出することの怖さや危険性は誰もが理解しています。カジノやIRは間違いなく儲かるビジネスですが、新型コロナウイルス感染者数の増加は、業界全体に影響を及ぼすでしょう。そのため、実店舗型のカジノやリゾートに行くのではなく、オンラインカジノの方に関心を向けている人が増えているようです。望みがあるとすれば、コロナワクチンがその効果を発揮し、元通りに社会全体が戻ることですね。とはいえ、ポストコロナ時代の“ニューノーマル”に適応する必要があるのには変わりないでしょう。

以上が、日本でのカジノビジネス展開を目指す前に知っておくべき事項でした。

これまでに、日本でのカジノ合法化においては、反対派の国民と政府関係者との間で激しい議論が続いてきました。実際、カジノ合法化は、何度かの失敗を経て実現しました。当然のごとく、賛成派にとっては吉報であり、反対派は落胆する結果に…。

とはいえ、カジノ合法化によって国民が悪影響を受けないよう、政府は間違いなく予防措置を講じるでしょう。国民所得と福祉の優先順位をバランスよく調整すれば、双方に良い結果をもたらすことができるはずです。今は、それぞれが自らの考えを押し付け合う時ではありません。国民の利益や福祉について考えることが重要なのです。雇用、そして観光分野は、カジノ合法化の恩恵を受けることは確かなのです。

一方で、ギャンブル依存症に陥ってしまう国民が増えることは、憂慮すべき要点のひとつです。自分自身の健康には、自分で責任を持つべきですが、大多数の人にとって全体として良い結果が生み出せるよう、政府はあらゆる可能性を検討しているようです。引き続き、今後の動向にも注目していきましょう。